Event is FINISHED

國學院大學「観光まちづくり」フォーラム~持続可能な地域づくりに向けて~

Description

國學院大學では、令和4年の開設を目指し、「観光学部観光まちづくり学科(仮称)」の設置を構想中です。それに先立ち、「観光まちづくり」に関するフォーラムを実施します。当日は、JAL機内ビデオで全国各地を紹介してきたパックンマックンの特別講演や、日本の観光まちづくりを牽引するキーマンを招いてのシンポジウムを開催します。withコロナ・Afterコロナの時代において、レジリエントでサスティナブルな地域まちづくりについて皆さまと共に考えるフォーラムです。


イベント名: 「観光まちづくり」フォーラム~持続可能な地域づくりに向けて~
主   催: 國學院大學
後   援: 観光庁
会   期: 2020年11月26日(木)
時   間: 15:00 - 17:40
配 信 方 法: Zoom ※URL等情報は後ほどメールにてお知らせいたします
料   金: 無料
応 募 締 切: 2020年11月26日

※キャンセル待ちは開催日前日まで受け付けております。随時お声がけいたしますので、ご了承ください。


プログラム:

第1部(15:00~16:10)
〇主催者挨拶
〇来賓挨拶
〇学部構想概要の説明
〇特別講演『「観光まちづくり」への期待』

第2部(16:20~17:40)
〇シンポジウム『地域を見つめ、地域を動かす』

登壇者紹介

パックンマックン<第1部特別講演ゲスト>



安藤義和 氏<第2部シンポジウムパネリスト>

箱根・奈良屋旅館14代目NARAYA CAFE代表
1974年生まれ。2000年東京大学工学部都市工学科大学院卒、日本工営株式会社入社、アジア・アフリカなど海外でのODA事業のコンサルタント業務に携わる。その後、東京大学大学院博士後期課程(西村研究室)に在籍中、相続による実家「奈良屋旅館」の閉業と結婚を期に地元に戻り、旅館時代の源泉と従業員寮を利用した「NARAYA CAFE計画」をスタート。出来るところはセルフビルドでリノベーションを行い、2007年に足湯カフェ、2011年に雑貨店をオープン。2020年には厨房の拡張など施設の再編成を行う。今後も施設の拡張を計画中。


イアン・ミラー 氏<第2部シンポジウムパネリスト>

HIBA(Hakuba International Business Association)代表
1982年アメリカのジョージア州生まれ。2001−2003年に東北大学と早稲田大学に留学し、2004年から東京のUBS証券会社に勤務。若い時から、山のスポーツが趣味で、山登りとスノーボードのために2007年に白馬の別荘を購入。その後、白馬の不動産に投資をし、貸別荘施設の経営を始める。2016年に白馬パノラマホテルを購入し、家族で白馬に定住。白馬エリアの外国人経営者によって結成されたHIBA代表として、「世界水準の観光地 白馬」の実現に向けて活動している。


豊田雅子 氏<第2部シンポジウムパネリスト>


NPO法人尾道空き家再生プロジェクト代表理事
1974年尾道に生まれ、坂や路地に囲まれて幼少時代を過ごす。高校卒業後初めて尾道を離れ大阪に出て、故郷の良さを再認識する。関西外国語大学英米語学科を卒業後、JTBの専属のツアーコンダクターとして海外を飛び回る生活を8年ほど続ける。渡航歴は100回以上。帰郷して結婚後、その経験を生かして尾道らしいまちづくりを提唱する「尾道空き家再生プロジェクト」を発足。これまでに20軒の空き家を再生し、大家と借り手を仲介する「空き家バンク」事業では約100軒のマッチングを手掛けている。現在、同NPOの代表理事を務めながら、双子男児の母として日々奔走中。


渡邊一樹 氏<第2部シンポジウムパネリスト>

DMO Clan PEONY 津軽(津軽圏域14市町村)事務局
青森県弘前市生まれ。弘前大学人文学部人間文化課程卒業。幼少期より父の仕事の都合で東北地方を転々とし、大学在学時に韓国へ1年間の交換留学を経験。大学卒業後は弘前市役所に入庁、国土交通省観光庁派遣時および弘前市帰任後は観光地域づくり法人(DMO)関連の業務を担当。津軽圏域14市町村の地域連携DMOである「(一社)Clan PEONY 津軽」に在籍している現在は、各地を転々とした経験に基づく地域外からの目線や、DMOに求められているデータによる客観的な分析を掛け合わせ、地域の魅力の発掘と磨き上げに取り組んでいる。

お 問 合 せ: 國學院大學 総合企画部 広報課
T E L : 03-5466-0130


※本学では「個人情報の保護に関する法律」を遵守し、個人情報の適正な取り扱いに努め、安全管理のために必要な措置を講じています。また、本学で取り扱う個人情報は、本イベントを遂行するために利用し、利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱うことはありません。

※ご参加にあたりましては、以下の点をご同意の上、お申し込みください。

1. 主催者、本イベントを共催、協力した者、ゲスト及び講師(以下「主催者等」といいます)は、成果物を、広告宣伝のために、ウェブサイト(SNSを含む)やチラシ、パンフレット等の宣伝販促物に掲載する等、公開することができます。
ただし、権利を有する参加者から、情報を公開しないよう申出があった場合には、主催者等は適切な措置を講じるよう努めるものとします。

2. 参加者が以上の各項の定めに違反し、主催者または第三者に対し損害を与えた場合は、自らの責任と負担によりこれを解決し、 主催者に対し何ら迷惑、負担をさせず、損害の賠償等を請求しません。





Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#815506 2020-11-11 06:27:15
More updates
Thu Nov 26, 2020
3:00 PM - 5:40 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
無料視聴チケット FULL
Organizer
國學院大學イベント
98 Followers

[PR] Recommended information